スポンサードリンク



開湯1500年の歴史を持つ兵庫県随一の名湯地。石造りの太鼓橋がかかる小さな川と柳並木は城崎温泉の代表的な風景。温泉街には7軒もの外湯が点在し、展望露天風呂の「さとの湯」や岩窟風呂の「一の湯」等、それぞれ趣の違う温泉浴を楽しめる。この「外湯めぐり」は温泉街の旅館に泊まると無料になるしくみで、浴衣姿でのそぞろ歩きが楽しめる。

浴衣の貸し出しもあります。各ホテルや旅館に確認してください。
yukata2.jpgyukata4.jpgyukata.jpg


各ホテルや旅館の客室の一例です
heya.jpgheya1.jpgheya2.jpg
heya3.jpgheya5.jpgheya6.jpg

お食事の一例です。各お宿によって異なります。
 
ryouri5.jpgryouri6.jpgryouri7.jpg

各お宿のお風呂の一例です。この他にも色んなお風呂があります。
furo6.jpgfuro5.jpgfuro4.jpg
furo2.jpgfuro1.jpgfuro.jpg

城崎温泉ゆかた憲章

一、ゆかたにあらざれば、装いにあらず。
城崎温泉では、ゆかたをはじめとした和服が正装です。
外湯めぐり、おでかけは必ずゆかたに着替えてから。

一、ゆかたを以て尊しとなす。
城崎温泉では、ゆかた(和服)を粋に着こなす人が尊敬されます。
まず正しい着方を覚え、自分なりにコーディネートを。

一、ゆかたを温ねて、新しきを知る。
ゆかたを着ると今まで気づかなかった自分の新しい魅力を発見できるはず。
見慣れたあの人もあんなに素敵だなんて。

一、ゆかた姿、一日にして良き想い出を宿す。
一日ゆかたを着て過ごすだけで、素晴らしい想い出がたくさんできるはず。
都会では味わえない日本の良さがそこに。

一、ゆかたは、豊かな心を育む。
ゆかた姿は人への優しさ、自然に美しく感じる心を想い出させてくれます。
ゆかたを着たあなたは、外見だけでなく心も豊かになるのです。

posted by 温泉博士 at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。