スポンサードリンク



開湯1500年の歴史を持つ兵庫県随一の名湯地。石造りの太鼓橋がかかる小さな川と柳並木は城崎温泉の代表的な風景。温泉街には7軒もの外湯が点在し、展望露天風呂の「さとの湯」や岩窟風呂の「一の湯」等、それぞれ趣の違う温泉浴を楽しめる。この「外湯めぐり」は温泉街の旅館に泊まると無料になるしくみで、浴衣姿でのそぞろ歩きが楽しめる。

浴衣の貸し出しもあります。各ホテルや旅館に確認してください。
yukata2.jpgyukata4.jpgyukata.jpg


各ホテルや旅館の客室の一例です
heya.jpgheya1.jpgheya2.jpg
heya3.jpgheya5.jpgheya6.jpg

お食事の一例です。各お宿によって異なります。
 
ryouri5.jpgryouri6.jpgryouri7.jpg

各お宿のお風呂の一例です。この他にも色んなお風呂があります。
furo6.jpgfuro5.jpgfuro4.jpg
furo2.jpgfuro1.jpgfuro.jpg

日帰温泉旅行

日帰り温泉旅行も、意外と楽しめるものですよ。日曜日に家族連れで、職場の仲間と、恋人同士で、親しい友人と、ちょっと贅沢な一日を過ごしてみてはいかがですか。「ちょっと疲れがたまってきたな……」と思ったら、日帰りで温泉旅行がお勧めですよ。

温泉には含まれている成分により種類もいろいろ、その効能も様々ですが、日帰り温泉旅行に行く前に簡単に調べるのも楽しみの一つですね。単純温泉、二酸化炭素泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉、硫酸塩泉、含鉄泉、含アルミニウム泉、硫黄泉などなどを検索してみましょう。

それでは、日帰り温泉旅行を満喫するための注意点を見てみましょう。入浴前には十分に水分補給をしておきましょう。いきなりの長湯は体調不良の原因になります。飲酒直後の入浴はもってのほかです。食後すぐの入浴は避けましょう。1時間くらいは間をあけた方がいいと思います。

旅行プランとして、日帰温泉旅行専用プランもあります。もっともっとお話していたい、お泊まりはできないけど個室でのんびりしたい。ご友人同士で語らいあうもよし、風呂上りにゴロリとするもよし、旬の食材をつかった会席料理の夕食などがお勧めです。
posted by 温泉博士 at 02:16 | Comment(1) | TrackBack(0) | 口コミ情報
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。