スポンサードリンク



開湯1500年の歴史を持つ兵庫県随一の名湯地。石造りの太鼓橋がかかる小さな川と柳並木は城崎温泉の代表的な風景。温泉街には7軒もの外湯が点在し、展望露天風呂の「さとの湯」や岩窟風呂の「一の湯」等、それぞれ趣の違う温泉浴を楽しめる。この「外湯めぐり」は温泉街の旅館に泊まると無料になるしくみで、浴衣姿でのそぞろ歩きが楽しめる。

浴衣の貸し出しもあります。各ホテルや旅館に確認してください。
yukata2.jpgyukata4.jpgyukata.jpg


各ホテルや旅館の客室の一例です
heya.jpgheya1.jpgheya2.jpg
heya3.jpgheya5.jpgheya6.jpg

お食事の一例です。各お宿によって異なります。
 
ryouri5.jpgryouri6.jpgryouri7.jpg

各お宿のお風呂の一例です。この他にも色んなお風呂があります。
furo6.jpgfuro5.jpgfuro4.jpg
furo2.jpgfuro1.jpgfuro.jpg

城崎マリンワールド

城崎マリンパークは水族館という枠にはまらない個性的な水族館です。

まず初めにある水槽には飼育されている中で日本一の大きさを誇るオオサンショウオ。その隣にはこれまた日本一の深さを誇る巨大水槽があります。そして水槽の周りに少なめながらも個性的な水槽が続きます。館内の最後には人懐こいセイウチくんがいて、挨拶したりして遊びました。これで屋内の水槽はおしまいです。

でも、これからがこの水族館の目玉が揃っているのです。まず、「ステージが水槽より下がって、自分を取り囲む水槽をイルカが泳ぎまくり、更に360度の映像を楽しめるダイブアドベンチャー」、「イルカとアシカとかわいいピエロのイルカアシカショー」など見所満載です。

娘のこざるは身長制限のため体験できませんでしたが、イルカのトレーナーになれるフォルフィントレーナーやイルカと泳げるドルフィンスイムなんていう体験もあるんですよ。

そして、私たちが楽しみにしていた体験がアジ釣り!竿1本を630円で借りて釣るのです。すぐエサに食いつくので簡単に釣れるのですが、糸が切れたらおしまいです。私たちはすぐ糸が切れてしまい2匹しか釣れませんでしたが、周りはみんな5匹以上、中には10匹以上釣る人もいましたよ。ちなみにそのアジは横のアジバーで1匹30円〜50円で天ぷらにしてくれます。とっても美味しいので、ぜひ体験してみてください。

ところで、城崎マリンワールドは大阪の隣の兵庫県にありますが、日本海側にあるため大阪から3時間近くもかかります。しかも周りには温泉はあるけど、子ども向けの特別な観光地もなく、「ちょっと失敗したかも」と不安に感じるほど。。。。でも、魚をみるだけでなく、いろんな体験ができて、とっても楽しい水族館です。私たちは6時間いて、まだ時間が足りないくらいでした。おすすめですよ。

posted by 温泉博士 at 06:33 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

但馬、城崎ならではの”うまいもん”をどうぞ!!

冬とはいえ秋のような日が続く温泉街。
”松葉ガニ漁”も解禁!
カニ一色の城崎へどうぞ!
そんな城崎へ来たなら地元ならではの手打ち蕎麦、
手打ちうどん、そして丼を食し、城崎を満喫して下さい!
もちろんカニを使ったメニューもありますよ!
地元の素材にこだわった”うまいもん”をぜひどうぞ!
posted by 温泉博士 at 07:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

城崎温泉名物の外湯めぐり

城崎温泉で一番有名なものと言えば・・・、「城崎温泉の外湯めぐり」7つの外湯をまわるものです。
鴻の湯、まんだら湯、御所湯、一の湯、柳湯、地蔵湯、さとの湯、と呼ばれる7つの外湯は、人気も高く、城崎温泉に来たからには何が何でも全部入る!という湯治客の方で賑わっています。
城崎の宿や、城崎温泉の旅館のほとんどが、今では内湯と呼ばれる、城崎温泉の温泉を旅館のお風呂にひいていますが、やはり外湯は魅力的です。
posted by 温泉博士 at 06:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

城崎温泉ゆかた憲章

一、ゆかたにあらざれば、装いにあらず。
城崎温泉では、ゆかたをはじめとした和服が正装です。
外湯めぐり、おでかけは必ずゆかたに着替えてから。

一、ゆかたを以て尊しとなす。
城崎温泉では、ゆかた(和服)を粋に着こなす人が尊敬されます。
まず正しい着方を覚え、自分なりにコーディネートを。

一、ゆかたを温ねて、新しきを知る。
ゆかたを着ると今まで気づかなかった自分の新しい魅力を発見できるはず。
見慣れたあの人もあんなに素敵だなんて。

一、ゆかた姿、一日にして良き想い出を宿す。
一日ゆかたを着て過ごすだけで、素晴らしい想い出がたくさんできるはず。
都会では味わえない日本の良さがそこに。

一、ゆかたは、豊かな心を育む。
ゆかた姿は人への優しさ、自然に美しく感じる心を想い出させてくれます。
ゆかたを着たあなたは、外見だけでなく心も豊かになるのです。

posted by 温泉博士 at 20:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

城崎温泉の概要

文学の香り漂う温泉街で歴史ある外湯をめぐる

「手拭をさげて外湯に行く朝の 旅の心と駒下駄の音」。与謝野鉄幹が詠んだ情景は、今も城崎の地に息づく。小さな古い旅館が建ち並び、下駄と浴衣姿で7つある共同浴場を巡る人たちが行き交う。町の中央を流れる大谿川に沿って柳と桜の並木。玄武岩を重ね合わせた階段状の太鼓橋が風情を一層高める。古くから多くの文人墨客に愛され、志賀直哉が療養中に執筆した「城の崎にて」は有名。日本海の味覚も楽しみの1つで、毎年冬には「カニ王国」が開国されカニ一色に染まる。温泉街にはカニみそソフトクリームやカニビールといった珍しい味覚も。文学の香り漂う昔ながらの温泉街と、湯めぐりにカニ三昧。贅沢な時間が待っている。
posted by 温泉博士 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

城崎温泉外湯巡り

温泉地一帯が宿の浴衣で歩くことができ、
おみやげ物やアイスなどの小腹ものまでひととおりあること。
また、温泉もいくつかありスタンプラリーをやっていて思わず全部入ってやろう!って気分になりました。
もちろん全部集めると粗品ももらえます。
温泉地特有のちょっと寂れた射的場が味があって楽しかったです。



ヤーナリズム実践感想
posted by 温泉博士 at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

城崎円山川温泉 銀花

城之崎温泉郷から少し離れた場所にありますが、施設周囲の静けさは隠れ家的で神秘的でさえあり、野生の鹿の家族に遭遇できたり、本当にすばらしい時間を過ごさせていただきました。素泊まりであったにもかかわらず、城之崎温泉郷まで心よく御送迎いただき、また運転手さんからは地元で評判のお勧めのお店(スナック綾の隣のお店です)まで御紹介いただき、感謝感謝の気持ちになりました。宿ではまったりして、温泉郷ではおいしい地元料理や湯上りプリンをいただき、プラプラシながら足湯めぐりをしつつ、地元の方々の城之崎への愛情を知り、やさしさを感じました。マリンワールドも含め、最高の行楽地と思います。
posted by 温泉博士 at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

城之崎温泉 外湯のクチコミ

城之崎温泉の外湯は最高(一日では全て周れません)。
下駄カランコロンとならして色浴衣が15時から沢山見れました。
いくつも外湯があります。
夜もお店が沢山出てます。(射撃)
とても綺麗なお姉さんが射撃のお店で働いていました。
ただ宿泊する宿はよく調べていったほうがいいです。
風情のある宿は多いのですが、木造や壁が薄い、隣の足音や階段がギシギシ・・・
そんなのが好きな方は風流でいいと思います。
もちろん幾つか現代的な建屋もありました。でも外見からは結構分かりにくいですね。
駐車場は駅の裏側(横)が結構広くて沢山止められます。
観光客も多く二泊はしたいお勧め温泉宿です
posted by 温泉博士 at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

城崎温泉 喜楽(きらく)

たいへんお世話にありがとうございました。竹野浜での海水浴は海がとても綺麗で楽しめましたし、宿での内湯そして家族風呂もゆっくりできて、とても良かったです☆外湯は3日間で5箇所回ることができました。レンタルの浴衣もかわいいものを着ることができて嬉しかったです。ちょうどふるさと祭りの日で、夜店や花火も楽しむことが出来たので、たいへん満足しましたぁ〜。宿も静かで食事もよかったです。また、城崎に行くときには、そちらを利用させていただきたいと思います。
posted by 温泉博士 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

城崎温泉 幸楽園

お祭りがあった日に家族5人で宿泊させていただきました。人数が増えたのに丁寧に対応していただきました。足の悪い父にも親切にしてくださいまて大変感謝しております。温泉街まで少し歩きますが散歩がてらちょうどいい距離です。息子もお祭りがとても楽しかったみたいで来年も行きたいと言ってます。城崎に行く際はまた利用させていただきます。細やかな御心遣いありがとうございました。
posted by 温泉博士 at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。